LZ127 GRAF ZEPPELIN

伝説の飛行船“グラーフ・ツェッペリン号”の名を冠した
ミリタリーなパイロットクロノグラフ。

モチーフは「グラーフ・ツェッペリン」の愛称を持つ飛行船『LZ127』

1928年9月18日に初飛行をした、当時世界最大の硬式飛行船。その全長は235m、航続距離は1万㎞にも及びます。「Graf Zeppelin(グラーフ・ツェッペリン)」という愛称を持つことでも有名です。

「グラーフ」はドイツ語で伯爵を意味し、開発者のツェッペリン伯爵に由来しています。

1929年に米国ニュージャージー州・レイクハーストから世界一周の旅に成功したことで、Zeppelinの名が世界中に知られるようになりました。この世界一周の中で、日本の霞ヶ浦航空基地にも来航しています。

アプライドのビザン数字

42㎜径の大型フェイスの視認性の高い「ビザン数字」が、一目で時間を正確に教えてくれます。

アプライドという、立体的な仕様になっているため、斜めの角度から見ると特に際立って高級な存在感を主張します。

蓄光を備えたローザンジュ針

鋭さがエレガンスを引きたてるひし形の針(=ローザンジュ)には、強い蓄光を完備しています。

暗い場所の視認性を高める実用的な逸品です。

存在感のあるクラシカルデザイン

このシリーズは、クラシカルトレンドにぴったりの要素を兼ね備えています。

 

42㎜の大き目なケース径を採用しながらも、上品でトラディッショナルな顔立ちでデザインされている為、男らしさの中に知的な雰囲気が感じられます。

SHOP LIST

ONLINE STORE