LZ120 Rome

地中海全域で活躍した小型飛行船“LZ120”をモチーフに
“イタリアンスタイル”を表現した36㎜のミニマルウォッチ。

3月20日発売。

ドイツ時計がデザインしたイタリアの優美

第一次世界大戦後、初めて軍用以外の目的で創られた小型の飛行船LZ120をモチーフに開発され、イタリアのドルチェヴィータ(=甘い生活)のスタイルを表現したシリーズです。

 

ツェッペリンの中でもシンプルな顔立ちで、ローマ数字が特徴的です。

ニュークラシカルな意匠

繊細でエレガントな形状のローマ数字、エレガントな曲線のケーシング、繊細なラグ、暖かい色合い、ドーム型のダイヤル等、古典的スタイルでありながら新しさを感じさせる“ニュークラシカル”な逸品です。

モチーフは、小型飛行船「LZ-120」

120mの小型飛行船でありながら最高時速130kmを可能とした高性能を誇り、イタリアに譲渡後、「ボーデンゼー」から「エスぺリア」と名前を替え、1921年から1928年の間にローマ南部のチャンピーノに駐屯し、地中海全域のプロモーション便として活躍しました。